さいたま市市民活動サポートセンターフェスティバルに参加しました。

今年は、コミュニティーセンター(10階)とサポートセンター(9階)とで別の主催になりました。
浦和駅東口駅前の複合公共施設「コムナーレ(Comunale)の中なのですが、経緯はちょっとよくわかりません。
主催者を別にしたようです。

当会は、去年は10階で、今年は9階でした。

サポートセンターフェスティバル

サポートセンターフェスティバルの看板

コミュニティーセンター祭り
サポートセンターフェスティバル (9階南側)

9階、10階ともに全体に出展者、来訪者が少なめでした。
ただ、このお陰で近くの出展団体間では情報交換や、お互いの理解が深まったようです。

真癒士協会

「真癒士協会って、なんと読むのですか?」と何度も聞かれました。
読みにくい漢字にしたほうが、話のきっかけになるのかもしれません。

image

真癒士協会展示物全体(中央は人間です)

 

人気のあったアクセサリー

Sさんのお友達の作品を手に取る。(組紐花ブローチ)が、女性陣んも関心を呼んだようです。
今度は、これを研究してみよう。

組紐花ブローチ
作品を作って、台紙を入れて、袋に入れて作品とすることが大事なんですね。(協力:さくらグループさん)

 

さくらグループ
創作活動:さくらグループの展示

さくらグループの展示物

さくらグループの作品一部。 木の枝ブローチ
雛人形

雛人形

image

Sさんは、展示方法まで考えています。 すごい。

 


かざくるまも、それなりに注目されていたようです。
かざぐるま

サポートセンターフェスティバル (9階南側)
お花風風車

お花風かざぐるま

空いた時間で、新たな創造意欲が湧いて、新作品もできました。
バラを模した「花かざぐるま」です。

 

五角形
折り紙を五角形に切って、組み方を変えるだけで、花と葉を表現できます。
imageimage
花と、葉の形を模した風車。

ストロークリエイツ

 

2015コムナーレフェスティバル2日目

2月29日(日)雨

雨のせいかなー
昨日の忙しさが嘘みたいに静か。
ぜんぜんお客さんこないよ。
昨日は早めに切り上げて、部品を作っていました。
値段がわからないといわれ、正札も作りました。

まあ正直、暇な方がほかを見られるので、それでも良いのですが。
機織り

機織り体験させてくれる会もありました。
小さな作品を作りたかったですよ。
縦糸が黒で横糸に、毛糸とかいろいろな糸を入れて行きます。
なんというか、味があります。
さをりひろば大宮ネットワークセンター)さん

 

こわれたおもちゃ

お隣は、壊れたおもちゃの故障診断、修理
浦和おもちゃの病院さん。
ほかは空いているのに、ここだけ行列になってました。

おもちゃを持っている男の子のお母さんに聞いてみました。
「どこかで案内されているんですか?」
「学校から持ち帰ったビラに書いてあったんですよ。」

「あーそうなんですか。 なるほどー 」
さっきの男の子は、合体戦隊みたいなおもちゃで、ガチャっていうときに音が出ないとか、すごく難しいこと言ってました。
そういうのは、入院になるようです。


集合

なんか集まって、ビラを配るとか。 なんとか言ってます。
でも、真癒士協会さん(うちです)は人が少ないから、参加しなくても良いとか。

いやー結構、昨日忙しかったのを見てくださっていたようです。

(ありゃ。 上の集合写真は一日目のものでした。 開会式? 28日09:48撮影)

しだれ風車

しだれ風車もようやくセットできました。
昨日は、風車が足りなくなって、ここから外してもらっていました。

ぼちぼち人が増えてきました。
ぼくがやるよ

 

「ママーぼくがつくってるんだよー」

「じかんないの!」

パネル

「へーなにやってるんですか? なんて読む会ですか?」

「えー 何やってるかわからないんですよ。 癒(いや)しを研究してます。 しんゆし協会です。」

説明

 

「苦難猿(くなんさる)とか、癒し雛とかも作ってます。」

「へー。 」

 

NPO法人 真癒士協会(しんゆしきょうかい)
社会には、いやしが必要です。  

 

さいたま市市民活動サポートセンターさんのfacebook写真

 

広告

2015コムナーレフェスティバル1日目

2月28日(土)快晴

早いですね。 準備を始めた時は、去年の12月
まだ早いと思っていたのですが、そのときsさんがいいました。
「すぐきちゃうんだから。 時間ないよ!」

そのとおりですね。 月日の流れのあっという間に驚かされます。

作品売り場

コムナーレフェスティバルでの作品売り場(さくらグループ)

雛人形

高価な千代紙を使ったおひなさま。 100円? 安すぎですね。
でも、喜んでもらえることはお金には代えられないそうです。


人形焼

他の団体(グリーンフィンガーズ)さんが出していたヌゥの人形焼き。
食べたかったんですが、買い忘れました。

アリス

「アリスねっと」(オレンジリボン運動)さん。
ぬいぐるみのリスに触って見たかったんですが、女性が入っていたらまずいと思ってやめました。
あとで聞いたら、中には男性が入っているので触っても良かったらしいです。(ほんとかな)


我々の展示です。
テトラ

ちょっと珍しくて難しい正四面体(三角トラス)
女の子が挑戦です。

的当て

作った正四面体で的当てもあったんですが、
「倒したら何くれるの?」
「もう一回できるよ。」
「えー つまんない。」

次回は少し考えようと思います。

風車

風車の制作体験コーナーも出しました。

かざぐるま

風車作りに挑戦する男の子。

最初は出足が鈍かったんですが、できた作品を持って走り回ってくれたのでしょうか。 あとで忙しくなりました。

 

 

NPO法人 真癒士協会(しんゆしきょうかい)
社会には、いやしが必要です。  

 

さいたま市市民活動サポートセンターさんのfacebook写真

 

広告

コムナーレフェスティバル準備

コムナーレ準備

浦和パルコの9階準備風景
事前に計画されたレイアウト通りに、テーブルを再配置
パネルを数十枚設置しました。
このパネルには、印刷物や、飾りなどを取り付けます。

ガーラント

そして、事前制作したガーラントを取り付けます。

ガーラント[6]

作った人でないければわかりませんが、あの紙はデパートの包み紙だとか、
おみやげの包装紙だとががわかります。
無地の紙には、アップリケ風に切り取った模様を付けたりもしました。
たいへんでしたね。 でも、とても映えています。

明日からフェスティバルです。

パンフレット

第三回コムナーレフェスティバル パンフレット
コムナーレバザール 153の出会いの2日間

ほっぷ すてっぷ ルンルン
会場:浦和駅東口駅前ビル8~10F

 

しんゆし協会は、準備にもボランティア参加しています。
 oさん毎回ご苦労様です。

 

NPO法人 真癒士協会(しんゆしきょうかい)
社会には、いやしが必要です。  

 

広告

ガーラント(フラッグガーラント)を作りました。

ガーラント(フラッグガーラント)を作りました。 万国旗みたいな飾り付けです。

ガーラント作り

皆さんで持ち寄った綺麗な紙を使って、作ります。

A4サイズから三角形を切り出すんですが、余白の部分がもったいないです。
いろいろな工夫をして切ります。

紙を切る

こちらは紙を切り出すメンバーです。
切り出す人。 紐につける人。 たたむ人。

分業でしたがあっというまに2時間過ぎました。
まだ途中ですよ。

 

ガーラント完成予想

参考:google ガーラント画像

 

NPO法人 真癒士協会(しんゆしきょうかい)
社会には、いやしが必要です。  

来年のコムナーレフェスティバルの準備会

来年に向けて、いつものトラスも作りましたが、
だしもの

いろいろな出し物を検証

 

お正月が近く、門松作りにも挑戦

 

かどまつ

まー 最初にしてはそれらしくできました。

 

 

冬至の夕日

エレベーターから見えた、冬至の夕陽がまぶしかったです。