「尊厳生」についての講演会ご案内(無料です。)

浦和パルコ9Fで雛人形を作っていました
そのときに時に隣のテーブルで会合をしていた女性とお話しました。

その方は、教育や医療福祉に造詣の深いかたで、「尊厳生」(そんげんせい)という聞きなれない言葉を教えていただきました。
尊厳死という言葉は知っていますが。
どういうことなのでしょう。

当真癒士協会の研究テーマである「癒し」とも関係しそうですので、講演をお願いしておりました。

今回講演会を催すことになりました。ご案内いたします。


◆ 『尊厳生』について   講師 米丸 由美子さん

日時:4月8日(水) 13:00~14:30頃まで

場所:北浦和カクタスホール第一会議室

JR北浦和駅より徒歩3分程度クイーンズ伊勢丹3階

北浦和カクタスホール
google map


関心あるかたの参加をお待ちします。

 

尊厳生講演パンフレット

「尊厳生」について。 講演パンフレット

 

NPO法人 真癒士協会(しんゆしきょうかい)
社会には、いやしが必要です。  

色彩学講習

高松先生

高松智子先生

 

製品の色合い

色には、グループがあって、1型と 2型とすると、

このぺットボトルの色も、どちらかのグループで統一することが大事です。

 

色見本

膨大な数の色見本

 

どうみても、同じような色に見えてしまいますが、グループわけができるのだそうです。
1は1同士。2は2同士の色彩グループで統一すると、全体として美しくなるのだそうです。

人、一人ひとりにも持って生まれた色があって、調和したグループ色の服を着ると、センスが良いと見られるそうです。

色相、明度、彩度。 難しい理論もあるようです。

でも、色は覚えるものではないそうです。

直感が大事なのかもしれません。

とても奥深く、興味深いお話でした。


ユニバーサルカラーインスティチュートインターナショナル代表 高松 智子先生

http://www.b-ycolor.com/index.html